みどりなる ひとつ草とぞ 春は見し 秋は色々の
花にぞありける          
                  詠み人知らず

(みどりなる ひとつくさとぞ はるはみし あきは
 いろいろの はなにぞありける)

意味・・すべて緑一色、したがってひと種類
    だと春のうちは思っていた。それが
    秋になったら、色とりどりの花であ
    った。

    ひとつ-色々、草-花、春-秋を対
    にした面白さを詠んだでいます。

出典・・古今和歌集・245。