山里は 秋こそことに わびしけれ 鹿の鳴く音に
目をさましつつ                 
                 壬生忠岑

(やまさとは あきこそことに わびしけれ しかのなく
 ねに めをさましつつ)


意味・・山里では、秋がほかの季節と比べてひときわ寂し
    くてならぬものだ。どこかで鳴く鹿の声にしばしば
    眠りを覚まされると、次から次へと物思いに追われ
    てなかなか寝つけない。

    山里はわびしい所、そこに住む己のわびしい思いを
    基調として、これに、わびしい時としての秋、また
    その夜、さらに、わびしさを誘う鹿の声・・と、
    わびしさの限りを尽くした趣です。

    山里のわびしさ・・人がいないので暖かく接してく
     れる人がいない---寂しさ。
    己のわびしさ・・明るい見通しや希望がなかったり、
     悩み事があったり---憂鬱感。
    秋のわびしさ・・木の葉が落ち、草木が枯れていく
     のと、自分の体力の衰えを重ねる---悲哀感。
    夜のわびしさ・・静かで心細い。
    鹿の鳴き声・・聞くと一緒に泣きたくなる---哀れさ。

 注・・わびし=気落ちして心が晴れないさま。せつない。
     心細い、もの寂しい。
    鹿の鳴く音=牡鹿(おじか)の妻恋の声で、哀れさを
     誘われる。

作者・・壬生忠岑=生没年未詳。907年頃活躍した人。古今集
     の撰者の一人。

出典・・古今和歌集・214。